湖西市のエリアガイド

かつて、静岡県湖西市では繊維業が盛んでしたが、現在は自動車の部品や電気、電子産業が中心で、大手企業の工場も複数あり、湖西市の人口1人当たりの工業の製造品出荷額が全国1位を誇ります。静岡県湖西市は、大阪と東京の中間地点に位置し、東海道新幹線の駅がある豊橋駅と浜松駅の間にあるため、観光客も多く訪れます。静岡県湖西市には、国道1号線を始めとした道路も複数通っているため、交通の便が良く、通勤や通学で車を使用する方が多くいる車社会で、スーパーマーケットやファッション店が入っているイオンタウン湖西は、湖西市民の買い物スポットとして賑わっています。

湖西市の歴史

江戸時代の静岡県湖西市は、江戸と京都のちょうど中間に位置することから、当時の交通の要で、東海道五十三次の宿場町として白須賀宿がありました。また、今でも日本国内で唯一現存する新居関所が湖西市に残っており、資料館では江戸時代の町並みを知ることができます。明治時代に入ると紡績業の町として発展し、豊田佐吉により豊田式木製人力織機や糸繰返機が発明され、繊維業が湖西市の中心産業になっていきました。戦後、静岡県湖西市は、鷲津町、白須賀町、新所村、入出村、知波田村の5つに分かれていましたが、昭和30年に湖西町となり、そして昭和47年には、静岡県で21番目の市として湖西市が誕生し、現在は、海が近く、港があるため工業が盛んで、自動車や電気機器などの関連工場が数多く立ち並んでいる都市です。

湖西市の見どころ・スポット

流鏑馬神事
静岡県湖西市に伝わる伝統行事


湖西湖上花火大会
水上花火は必見!!静岡県湖西市の花火大会


湖西連峰ハイキングコース
湖西市内を一望できる自然満喫スポット


江戸時代の面影が残る東海道
静岡県湖西市の歴史文化にふれることができる常設展示あり


ネットからお問合せはこちら お電話からお問合せはこちら